ご挨拶

 

発注者 泉町1丁目北地区市街地再開発組合

 泉町1丁目北地区は、水戸芸術館と京成百貨店に隣接した立地特性を活かし、一体的なまちづくりを実現するために、平成15年
 に準備組合が設立されました。

 その後、東日本大震災により市民会館が使用できなくなってから、多くの市民が1日も早い新市民会館の完成を切望しているこ
 とを受けて、泉町1丁目北地区に移転する方針が水戸市より表明されました。

 これを受けて、芸術文化を通した交流拠点を提供する場として、新市民会館を核とした泉町1丁目北地区市街地再開発事業が推進されることとなり、平成29年には、茨城県知事の認可を受け、泉町1丁目北地区市街地再開発組合が設立となりました。現在では、令和4年10月の竣工に向けて、施設建築物や周辺道路などの工事に着手しています。

このホームページを通じて、市民に愛され、親しまれ、水戸のまちの新たなシンボルの実現の一助になることを切に願っております。

引続き、竹中・株木・鈴木良・葵・関根特定建設工事共同企業体の皆様には、地元の協力を得ながら、工事を進めていただきますようお願い申し上げます。

                       泉町1丁目北地区市街地再開発組合  
                        理事長 大澤 栄次  

 

設計監理 伊東豊雄建築設計事務所

新しい水戸市民会館への期待

2021年2月9日
伊東豊雄建築設計事務所 代表取締役 伊東豊雄

 水戸新市民会館(仮称)の現場が佳境を迎えようとしています。地下躯体工事もほぼ終わり、地上の工事が始まりました。
 大きなコンクリートの壁に囲まれた2000席の大ホールもその完成像が想像できるようになりつつありますし、周囲を取り囲む木の柱や梁も建ち上がり始めました。一辺60cm以上もある柱や梁で組み上げられる「やぐら広場」の大きな吹き抜けのホワイエ空間は、誰も見たことのない力強さで水戸市の新しいシンボルとなるに違いありません。
新市民会館は中心地区の商店街と水戸芸術館の中間に位置し、商業と文化を結び、融合する重要な役割を担っています。
そのためここには大ホールの他に小ホールや展示ホール、各種スタジオや会議室、和室など多様な場所が用意されることになっています。
従って住民の方達と、コンベンションなどで国内外から訪れる人達が一体となって日々賑いを生むような施設であって欲しいと思います。
私達が過去に設計した劇場や図書館などの公共施設に関し、利用者にインタビューしたところ、住民の方達は決して演劇やコンサートのために、或いは読書するために施設を訪れるのではなく、ただくつろぎ、友人と話し合ってカフェで楽しむために訪れる、だから公共施設は幼児からお年寄りまですべての世代の人々が毎日でも訪れたくなる、そんな居心地の良い場所であって欲しい、という声が多く聞かれました。
新しい水戸市民会館もそのような自由な雰囲気を楽しめる施設になって欲しいと思います。

 

設計監理 横須賀満夫建築設計事務所

新市民会館とまちづくり

 国道50号線沿い水戸中心街としては久しい大型クレーンが稼働中です。「中心市街地の活性化」の命題を持った水戸新市民会館
 の工場現場です。

 ここに至るまでには水戸市長はじめ多くの方々の御支援と御協力をいただきました。心より感謝致します。

2000席の大ホールは設備や音響の質の良さとともにゆとりを求めました。市民使いも可能として、カジュアルな使い方にも対応出来るつくりとなります。又、水戸には数少ないまとまったパブリックスペースが出来ます。

大型木造の梁や柱で構成されたダイナミックで粋でおしゃれな空間となります。大・中・小ホール、展示室、会議室、スタジオ、商業施設とを結ぶ大切な役割も担っています。

いつでも誰でもが心置きなく来館できる街のリビングルームを目指しています。近隣の京成デパート、芸術館ともゆるやかにつながっています。街と一体化につながることが考えられています。

水戸新市民会館が中心市街地のみならず水戸全体の景観や街づくりにとって優れた規範になることを願っています。

 

株式会社横須賀満夫建築設計事務所 取締役会長 横須賀満夫

 

 

請負者 竹中・株木・鈴木良・葵・関根特定建設工事共同企業体

 施工を担当する竹中・株木・鈴木良・葵・関根特定建設工事共同企業体 総括作業所長の川邉でございます。
 構成する5社(株式会社竹中工務店・株木建設株式会社・株式会社鈴木良工務店・株式会社葵建設工業・株式会社関根工務店)を
 代表してご挨拶させていただきます。

 本プロジェクトは、東日本大震災以降使用を停止している旧市民会館を泉町1丁目北地区へ移転し、新たな市民会館を建設するこ
 とで、水戸市芸術文化の拠点である水戸芸術館との連携による相乗効果や芸術文化の拠点性を大きく高めることで賑わいの創出実
 現を目指すプロジェクトでございます。

水戸市及び水戸市民の皆様をはじめ、建築主である泉町1丁目北地区市街地再開発組合様、そして設計・監理をご担当される伊東豊雄・横須賀満夫建築設計事務所共同企業体様のご指導のもと、叡智を結集致します。
そして安全第一に「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」という理念のもと、お客様からの信用を第一として、長期間にわたり安心感、満足感、そして誇りをもって使い続けていただける作品となりますよう信頼に応えて参ります。

最後に、ご近隣の皆様にはいつもご理解・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。引き続き、工事竣工までご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

川邉 辰彦